LDK日記

不動産LDKの社員が実際に行くお店などなど紹介します!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夜の。。。

ダイエット中のありんこです

本日お客様からお土産をいただきました ありがとうございます

浜松銘菓の、夜のお菓子でおなじみの『うなぎパイ』です
うなぎパイ

みなさんも絶対疑問に思ってると思いますが、なんでパイが夜のお菓子


気になったので、製造元の春華堂のホームページから調べてみました


春華堂創業期をささえた甘納豆。昭和初期に発売し、当時としては珍しい菓子の実用新案を取得までした知也保(ちゃぼ)。これらふたつの看板商品に続き、それすら超える浜松らしいお菓子をつくりたいと二代目社長・山崎幸一は日々思案し、産みの苦しみを味わっておりました。そんな中、旅先でのふとした会話がきっかけで歯車は大きく動き出すこととなります。旅先の方に「どこからきたか?」と聞かれた幸一社長は「浜松」と応えます。しかし、相手にはどこか伝わらず「浜名湖の近くです」と補足すると、相手が「ああ、うなぎの美味しいところですよね」と返されたそうです。この何気ない会話の中に、幸一社長は「うなぎパイ」創作への大きなヒントを得ます。

浜松はまだ知名度はなく、有名なのは浜名湖。そして浜名湖といえばうなぎなのだ。うなぎに浜松らしいお菓子創作へのヒントを得た幸一社長は、旅先から戻ると早速「うなぎがテーマの浜松らしいお菓子をつくろう」と職人たちと試作をはじめます。職人たちが思い思いのものを作る中で、当時まだ珍しかったパルミエというフランス菓子のパイを基本に試作を行ったものがおりました。そう、それが「うなぎパイ」試作の第一号です。ただ当時、洋菓子やパイ菓子ですら珍しいなか、魚介類である「うなぎ」をテーマにしたお菓子などおそらく日本中探してもあるはずもなく、すべてが手探りの中の挑戦でありました。
まずはうなぎのイメージをお菓子の形状に活かそうと試作にとりかかります。生地を細長くしたり頭をひねったりしたところ焼き上がりが安定しない。そこで蒲焼き風にしてみますが、今度は串が抜けず食べることができない。さまざまな試行錯誤を重ねる中で現在の「うなぎパイ」の形状ができあがったのです。また実際の蒲焼きさながらにタレを塗るという工夫も施されました。お菓子ではまず使用することのないガーリックが入ったこのタレは社内においても秘伝として、いまもなお、一部の職人のみに伝えられています。さまざまなアイデアを盛り込んで「うなぎパイ」はついに完成したのです。

昭和36年、ついに「うなぎパイ」は発売されます。
上生菓子30円、ケーキが50円の時代に当初はうなぎパイ1本15円と、かなり高級なお菓子として販売を開始しました。発売まもなく、鉄道弘済会(現・キヨスク)が販売を請け負ってくれることが決定し、予想外の反響に量産体制を導入することに。大急ぎで機械を購入し、人員も増員。御客様のご愛顧に感謝し「品切れだけは出すまい」という決意のもと、従業員一同が一致団結しこれに望みました。以後5年間は東海道新幹線・東名高速道路の開通など高度経済成長と相まって売り上げもまさしく「うなぎのぼり」。昭和41年には製販分離を目的に浜松市神田町に「株式会社うなぎパイ本舗」を設立しました。

うなぎパイの代名詞とも言えるキャッチフレーズ「夜のお菓子」。幸一社長の「一家団欒のひとときをうなぎパイで過ごしてほしい」という願いのもと、ご自身で考案されたものです。当時浜松は高度経済成長期で女性の社会進出が進んだ時代。忙しい家族が揃う夕食のだんらんの時間が大切にされたと言われ、その時間を表す「夜のお菓子」と名付けたのでした。しかし、当時の浜松において夜の繁華街は全国屈指と呼ばれ賑わっていた時代。このキャッチフレーズを目にしたお客様で、精力増強のうなぎと結びつけてあらぬ解釈をしてしまった人も多かったようです。しかし「うなぎパイ」は実際のところ精力増強の話は別として、うなぎパイ7本分に含まれるビタミンAは、蒲焼100gに含まれるそれに相当し、元気回復、夏バテ対策、視力保持などの効果が期待できると言われ、栄養価の高いお菓子としての一面ももっています。

これは医学の道を志したこともある幸一社長が「お菓子はおいしいだけでなく、いろいろな付加価値が必要」と考え、当時まだ食も豊でなかった時代を反映させて意図的に「うなぎパイ」にその思いを託したものです。
また、パッケージに関しても発売当初は浜名湖の水をイメージした青色を基調としたものでしたが、今ひとつウケがよくありませんでした。そこでお客様のあらぬ解釈を逆手にとり「夜のお菓子」のフレーズにふさわしく、当時の栄養ドリンクカラーであった赤と黒と黄色の三色を基調としたものに切り替えたところ、ますます好評を得ることができたそうです。

2005年3月に新工場として稼働し、4月から一般の見学を受け入れ始めた「うなぎパイファクトリー」。長年製造を続けてきた神田工場が老朽化し、より安全で安心な商品をお客様に提供するためには環境の整備が必要、との考えにより計画がたてられました。また、お客様から「製造工程を見せてもらいたい」との要望があり、その気持ちに応えたいという思いも重なり実現の運びとなりました。今では、浜松の産業環境を見学できる施設のひとつとして、全国各地より多くの方が工場を訪れています。

元祖うなぎパイ誕生から40年以上が経ち、現在では姉妹品も加わりました。昭和44年の東名高速道路開通記念として限定で販売された「うなぎパイ ナッツ入り」、平成5年には、より手軽に楽しめるようにと「うなぎパイ ミニ」が誕生。そして平成6年に発売された「うなぎパイV.S.O.P.」。V.S.O.P.は元祖うなぎパイが浜松銘菓として認知された頃、「元祖を超える最上級のうなぎパイを」との想いから生まれました。
長い歴史の中で生まれた、それぞれ味わい豊かなうなぎパイシリーズが、これからもお子様からご年配の方まで幅広く愛され、親しまれますよう、スタッフ一同心より願っています。

                                        (ホームページ抜粋)


ということは。。。全然、夜関係ないやん


でも、気になる商品発見

うなぎパイ2

VSOP こっちの方が夜やん

お昼はコチラです

うなぎパイ3



春華堂
スポンサーサイト

| 未分類 | 17:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。